英語学習ブログ | 単語や文法を覚えたら英会話できるかな

英会話ができるようになりたい中年の英語学習の記録です。しかし男独り、PCに向かってブツブツ言っている様子は不気味かも!

英語の子音[j]の発音練習。うふふ、日本語の「やゆよ」だったよ

英語の子音[j]の発音練習うふふ、日本語の「やゆよ」だから覚えるのも簡単だったよ
英語の子音[j]の発音方法と発音練習。

私は、アラフォーのおじさんです。
ハンドルネームは、朝比奈宗平。
私・・・・・・朝比奈は、英語の発音を学習しています。

ところで、「やゆよ」と言っていただけませんか?
「やゆよ」と言っていただけると、めちゃくちゃ助かります。

「はいはい。や、ゆ、よ・・・・・・これでいい?」

ありがとうございます。
「やゆよ」と言ったとき、舌が上あごに近づきませんでしたか?

実は、この舌の動きが今回学ぶ子音[j]の発音では重要な役割をします。

そのような訳で、今回の英語学習は子音[j]の発音練習です。
OK,let’s learn!

 

英語の子音[j]は、どんな音?

英語の子音[j]は子音の1つで、硬口蓋接近音という有声音です(*1)。
子音[j]は英語やオランダ語、日本語などで用いられている音素です。
日本語で子音[j]と言えば「ヤ行」です。

日本語ではの頭子音に現れる。

引用元:ウィキペディア「硬口蓋接近音」

そうなると発音は、単純に日本語の「ヤ行」と同じように行えば良いことになるのでしょうか?

英語の子音[j]の発音方法

今回も朝比奈が分かりやすいように、子音[j]の発音方法をまとめました。
今回のポイントは「舌を上あごに近づける」ことです。

  1. 「ヤ」と言うときの口の形にします。
  2. その状態のまま、舌を上あごに近づけます。
  3. そして、喉の奥から「イ」と言います。
  4. すると子音[j]になります。

英語の子音[j]を発音練習した感想!

英語の子音[j]の発音練習して分かったことは、とても簡単ということです。
なぜなら発音方法が日本語の「ヤ行」と同じだからです。

それなのに難しいだなんて、とても言えません。
ちなみに日本語の「ヤ行」を発音する際、舌が上あごに近づいているのが確認できますよ。

英語学習のまとめ

このように英語の子音[j]の学習をしました。
子音[j]は子音の1つで、有声音だということが分かりました。

また、この音素は日本語の「ヤ行」だということも分かりました。
そのため、発音の習得は必要ありませんでした。。

以上で、今回の英語学習「英語の子音[j]の発音練習。 うふふ、日本語の「やゆよ」だったよ」を終わります。

*1 子音の詳細については、「英語の発音の学習。母音と子音は、いくつあるの?」を、無声音の詳細については「英語の発音の学習。有声音と無声音って何?2つの違いは?」をご覧ください。

英語学習ブログの他の記事

当ブログでは下記のようなエントリーもございます。
よかったら、お読みくださいませ。