英語学習ブログ | 単語や文法を覚えたら英会話できるかな

英会話ができるようになりたい中年の英語学習の記録です。しかし男独り、PCに向かってブツブツ言っている様子は不気味かも!

英語の子音[w]の発音練習。窄めた口をイッキに広げる!

f英語の子音[w]の発音練習うぁ!窄めた口をイッキに広げるだけで、とても簡単!
英語の子音[w]の発音方法と発音練習。

私は、アラフォーのおじさんです。
ハンドルネームは、朝比奈宗平。
私・・・・・・朝比奈は、英語の発音を学習しています。

ところで、唇を窄めてイッキに広げていただけませんか?
そして、この動きを何度もしていただけると、とても助かるのですが・・・・・・。

「はいはい・・・・・・でも前回と同じ始まり方だね?」

う、痛いところを!
しかし、ありがとうございます。
今の口の動きを覚えてから記事を読み勧めてください。

なぜなら、この口の動きが今回学ぶ子音[w]の発音の重要な役割を担っているからです。

そのような訳で、今回の英語学習は子音[w]の発音練習です。
OK,let’s learn!

 

英語の子音[w]は、どんな音?

英語の子音[w]は子音の1つで、両唇軟口蓋接近音という有声音です(*1)。
子音[j]は英語やフランス語などで用いられている音素です。
ところで日本語の「ワ行」は子音[w]と異なる音素のようです。

この子音は多くの言語に見られる。日本語の//の子音はこの音に近くはあるが、後舌と軟口蓋を接近させない両唇接近音[β̞]として発音されることが多い。

引用元:ウィキペディア「両唇軟口蓋接近音」

なるほど・・・・・・でも2つは似た音のようですね。
しかも「両唇接近音[β]として発音されることが多い」ということは、たまに両唇軟口蓋接近音として発音されているということになるのでしょうか?

英語の子音[w]の発音方法

今回も朝比奈が分かりやすいように、子音[w]の発音方法をまとめました。
今回のポイントは「唇を窄めて広げる」ことです。

  1. 少し口を開けます。
  2. 唇を丸く窄めます。
  3. 唇を戻しながら、喉の奥から「ウ」と言います。
  4. すると子音[w]になります。

英語の子音[w]を発音練習した感想!

英語の子音[w]の発音練習して分かったことは、とても簡単ということです。
なぜなら、窄めた口をイッキに広げるだけで発音できるからです。

それから窄めた口をイッキに広げるので、日本語の「ウ」と「ァ」が交じった感じに聞こえます。

英語学習のまとめ

このように英語の子音[w]の学習をしました。
子音[w]は子音の1つで、有声音だということが分かりました。

また、この音素は日本語の「ヤ行」だということも分かりました。
そのため、発音の習得は必要ありませんでした。。

以上で、今回の英語学習「英語の子音[w]の発音練習。窄めた口をイッキに広げる!」を終わります。

*1 子音の詳細については、「英語の発音の学習。母音と子音は、いくつあるの?」を、無声音の詳細については「英語の発音の学習。有声音と無声音って何?2つの違いは?」をご覧ください。

英語学習ブログの他の記事

当ブログでは下記のようなエントリーもございます。
よかったら、お読みくださいませ。